ADSL/ISDNノイズ対策 ラグの低減
常設端末が、いつも安定しているとは、かぎらないので、
回線経路変更によるタイムラグ低減。
モデム/ルーターが「通信中」なのに、インターネットできない。
インターネットには、接続できるのにネットゲームできない。
(ゴールデンタイム時に起こりやすいようです)。
こんな時は、
モデム/ルーターの電源を切り20秒ほど待つてから電源を入れ直す。
(回線の切断無効)回線経路変更をすることで、改善されることが多いようです。
ワンターン例
黒または白い
カバー中割れ
ドーナッツ状の
フェライトコアに
1ターン
モジュラーケーブルの
両端にフェライトコア
1ターン巻き

取り付けることで
論理長が短くなる。
ACコードの
できるだけ根本に
取り付けると
効果が高いです
コンセントに
プラグを逆向きに
してみる
モジュラーケーブルを
ツイストペアー
ケーブルに
取り替える
できる限り短い
物が良い
デジカメ画像ぼけてます。
対象 効果
OAタップ(ノイズフィルター付) 有効
電源の分離 有効
フェライトコア挿入 有効
ツイストペアケーブルの使用 / カテゴリー上位ケーブルを使う 有効
モデムとルーター間の主線にカテゴリー上位ケーブルを使用
ACアダプターの置き方
コンセントのプラグを逆向き差し替える 逆効果有り
モデム/ADSL/ISDN及びSW-Hub/ルーター
フエライトコア
ACコンセント PC(ノイズ発生源)
フエライトコア OAタップ「(ノイズフィルター付)又は、無停電装置 HDD,LAN-HDD(NAS)
CRTなど