LANケーブル
対象 ケーブル 最近のルーター/Hubは自動判別
するので「きにしない」ですみます。
少し前の物は、スイッチ切り替え/
専用ポートの物も有るので要注意
ルーター/Hub ルーター/Hub/PC ストレート
モデム ルーター/Hub ストレート
モデム/PC PC クロス
家電屋さんPCコーナーでもカテゴリーケーブルに商品入れ替わってる店舗もあります。
カテゴリー5以下のケーブル、カテゴリー5と5Eそしてカテゴリー6(250MHz)
10BASE−T/100BASE−TXと1000BASE−T
スイッチングHubを1000BASE−T(10/100/1000)に交換したのに1000BASE−T対応のPCが、100のまま
100BASE−TXのノートPCにLAN(10/100/1000)PC CARD(CardBus)とカテゴリーケーブル1000成立
カテゴリー5Eケーブルもカテゴリーケーブルに交換、1000BASEに反応
すべてのカテゴリー5/5Eケーブルが1000BASEに対応できないわけではありません。
ただ1000BASE対応と明記してても環境に依存します
ネットワークGAMEOSバージョン
メーカーサポート終了OSが有るのでネットワークセキュリティ要注意
ネットワークを強調しているOSほど、落ちゃすい(自動改新されると最悪)
ネットワークのチェックが多発するためラグが多い(デュアルCPU、通信方法不問)
古いOSは、ネットワーク機能を、多用してないためラグも少ない

(ラグ少ない) < (ラグ多い)
98 < 2000 < Me < Xp

古いOSの入ったPCで同じネットワークGAMEをためして見ると良い、ラグ低減されれば・・・。
メモリ不足もラグの要因
2000/Me 256MB
Xp 256MB できれば512MB以上
ハードウエアーの改善
HDDのグレードアップ(システム用は、あまり大きな容量にしない)
IDE33で有っても7200/10000にすると(転送上限内で)スワップ速度が上がる
パーティを切って使用するのでは無く(物理)HDDに分ける